読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キリンソウ

鬱病と共に生きつつ寛解を目指す。ガジェットとアナログの両方で生活を良くしたい。

糖質制限してました

健康・メンタルヘルス

f:id:hal-minehiro:20160920221757j:plain

最近もう安定してきたので大雑把に生きていますけれど、医師の指導のもと糖質制限で体質改善を図っていました。
大して甘いものが好きではない上、白ご飯も嫌いなのでそんなに苦ではなかったです。

今回は成果に加え、一番頑張っていた時期にやっていことをまとめます。

糖質制限は医師の指導のもと行って下さい!自己判断は危険です。

糖質制限のきっかけ

たまたま病院で血液検査をしたところ、鉄分が非常に低い状態であることがわかりました。
その他、女性の体に必要な栄養素も足りていないということで、おもに鉄分やビタミンを補おうということになったのです。
そこで提案されたのが糖質制限でした。

当時の私は、長距離通勤・激務の仕事をしていて明らかに顔も体もパンパンでした。
太っていたというよりは、むくんでいたようです。仕事辞めた瞬間に顔の大きさが明らかに変わったので……。

朝食は家にあるお菓子、駅ではエナジードリンクを毎朝買って一気飲み。
昼食にはエナジードリンクとデニッシュ系のパン、夜は食事を作る気力も中々無かったので丼物にしたり、テイクアウトメニューや外食という食生活でした。

糖質まみれの生活です。あとカフェイン。
1日モンエナ2、3本当たり前でしたのでお小遣いがどんどんコンビニに消えていきました。
最寄りのコンビニが妖怪ウォッチ一番くじを置いてた時それも買ってましたし、ほんとコンビニって魔窟ですね。

まずは炭水化物、砂糖からの卒業

ご飯もパンもやめて、野菜や豆腐を食べていました。冷奴用の豆腐は味が濃くて好きです。
卵豆腐はあれですからね、茶碗蒸しみたいなもんですからね。
妹へ。豆腐と間違えて卵豆腐ダイエットをしないように。

炭水化物なのでじゃがいももだめです
根菜類も甘みが強いので良くないそうです。
野菜の中でもいいもの・だめなものがあります。

砂糖は当然アウトですが、煮物には欠かせませんよね。そういう場合は人工甘味料で味付をするといいそうです。
コーヒーや紅茶にもゼロカロリーの砂糖を入れて飲むようにと言われたので、面倒だからどこでもウーロン茶頼んでました

職場でのお昼は、野菜をたっぷり入れたおからの炊いたやつを弁当箱のご飯部分に入れて、肉と野菜の冷凍食品を数個おかず部分に詰めて持っていっていました。
ほうれん草のおひたしを作っておいたりしていたような気がします。

必要な栄養を摂る

鉄不足が深刻だったので、鉄剤の処方以外にも食事で鉄分を摂るように心がけました。
赤身の多い豚肉・牛肉メインの食生活、ほうれん草や豆類で鉄分を摂取。あとは他の野菜で食物繊維も摂取。
白ご飯抜き、その分たくさんおかずを食べます。

脂質とタンパク質を多めに摂るのがいいそうです。

とにかく不健康な生活を送っていたので、体内の色んな物の巡りが悪かったようです。
わりとすぐ、ストンとむくみが取れました。

しかし糖分はエネルギーに欠かせない

糖分は集中力にも影響しますし、エネルギーに大いに関わるものです。
なので、いきなりスパッとやめるよりは、白ご飯の量を減らしておかず多めにするところから始めるくらいが良いかと思います。
私は結婚してから農家の美味しいお米を食べるようになり、実家にいた頃の倍以上は白ご飯を食べていたので、初めは実家程度に戻しました。

あとは脂質を摂るのがいいですが、良質なものでないといけません。
新鮮な魚に含まれる脂肪、オリーブオイルなどですね。
トランス脂肪酸は当然まずいので控えて下さい。

むくみが取れたからもういいや

私はもうむくみが取れたので頑張らないことにしました。
コーラ飲めないのがキツすぎるんですよ。
コーラ党には地獄でした……。

最後にもう一度、医師の指導のもと行ってくださいね。自分の体と医師に相談して糖質制限して下さい。