読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キリンソウ

鬱病と共に生きつつ寛解を目指す。ガジェットとアナログの両方で生活を良くしたい。

毎日同じ時間に記事をアップするという自分への課題

考えごと

f:id:hal-minehiro:20160917220435j:plain

このブログは、毎日昼12時に記事をアップできるように書いています。
前日寝るまでに予約をしないと、薬の変更やホルモンバランスの関係で12時に起きられないこともあるのでちょっと大変な面もあります。
それでも必ず12時にアップすると決めたのでそうしていて、気づけば投稿数が60記事を超えていました。

今回は、自分に課したルールと、私にとってのこのブログについて、約二ヶ月間の感想をまとめたいと思います。

書きたいだけでやってます

ネタに困ったことはそうありません。
一瞬ぱっと浮かばなくて「ネタがないぞ」と思うこともありますが、パソコンに向かうとクリエイティブな気持ちになれます。
文章を書くことが大好きです。
お金にならなくてもいいから、売れなくてもいいから、評価されなくてもいいから、ただ書かせてほしい。

ブログを始めてから、毎日にハリが出ました。
体が痛くなって、「明日は休もう」と思い余分に記事を予約しても、休んだ日の夜には「これ書きたいな」という気持ちが高まって机に向かったり。
それを繰り返していくうちに、一週間分くらいストックができてしまうこともありました。

いつ大きな鬱の波が来て、動けなくなってもいいように、前日にアップすることを決めたのです。
それなのに、書くのがもう楽しくて楽しくて、以前こんな記事も書いています。

hal-minehiro.hatenablog.com

縛り付けないとサボるし、ハードルがあれば楽しい

私はすぐサボるので、こういう性分には縛りをかけるのが丁度いいと常々思っています。
サボらずくせにしてしまえば、あとはもう強迫観念で書き続けるでしょうから、自分には一番いい方法です。

そしてその縛りがハードルになるのです。
超えることができれば嬉しいもので、毎日が成功の連続みたいに思えます。

否定されること・自分を否定することが多かった今までの自分に、なんだか光が射したように思えます。
このブログの価値は、毎日12時に更新されることだと思っているのです。(もちろん、中身が伴わないといけないですが……)

ブログライフも楽しみたいけれど

特に誰にも止められませんし、どこかに発表したり誰かに見せるものでもないので、ブログを続けながら原稿用紙に小説でも書いてみたいと思うようになりました。
お気に入りのペンもたくさんありますし、書くことをもっと楽しみたいと思い始めました。
ないのはネタのみです。書きたい気持ちだけはあるんですけど。
これといって何か案があるわけではありません。

今後も色々と「書く」ことについて挑戦を続けたいです。
買っただけのノートも使わなきゃ。