読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キリンソウ

鬱病と共に生きつつ寛解を目指す。ガジェットとアナログの両方で生活を良くしたい。

週末から始める!バレットジャーナルを無理なく続ける工夫

手帳

f:id:hal-minehiro:20161110103914j:plain

バレットジャーナルを書くの忘れませんか?無理して続けようとしてませんか?
私は忘れますし無理してました

最近なんとか忘れずにやってますが、忘れたことが心のしこりになってしまうことは精神衛生上よくないと思うので、続けられている方法を書いていきます。

週末に一気に書く

日曜日に一週間の予定を決めています。
無理のない範囲で掃除ができるよう、主に掃除の計画を立て、月曜から実行できるようにしています。

この時考慮するのは、日曜日時点での体調です。
日曜日に体がだるいのに翌日の予定を詰めすぎても、できるわけがありません。
月曜は2つできそうだな、と思ったら2つ、1つしかできないと思えば1つ、明日はもう無理だと思えば何もしない。
または、比較的早く終る作業を割り振ります。

最低限これらの予定をこなしていればいいことにします。
あとは状況に応じて予定を組み立てます。

実行の時間帯を選べるように

私は特にトイレ掃除が嫌で嫌で仕方なくて、できれば終わった後お風呂に入りたいです。
トイレ掃除だけ外注したいレベルです。
塗装でシンナーの臭いに慣れているので、お風呂場のカビ取りは好きなんですけど。

なので、夜にお風呂に入るとして、その前にトイレ掃除を済ませると考え、昼間の予定も入れておいたりします。
昼間を完全フリーにする方法もあります。そこは臨機応変に。

お休みの曜日を決める

休みの日を決めておくと、その日に別の用件をスライドさせたり、予定通り休むことにして休みの前日に少し無理をしたりすることも可能です。
今のところ低気圧が続いていて、体が重たいので沢山要件を済ますことは殆ど無いですが、それでも予備として休みは作っています。
掃除ひとつしただけでその日は動けないということもザラにあるので、休みの日は心の平穏にも必要です。

基本はあまりたくさん書きすぎないこと

予定に追い立てられて、休む時間を失うと翌日に影響しますよね。
休日は無理に寝なくても遊びたかったら遊べますし、調子が良ければ勉強もできます。
「休日」をあまり意識しすぎると、それはそれで罪悪感があるので、できるだけ毎日何か1つ、と考えているのです。

多くの予定を書きすぎないことで、後から思いつきで予定を入れられます。
餌以外の魚の世話なんかは、こういうところで調整しています。
今日はトイレ掃除なので、さきほどブログを書きながら水草を間引いてました……。
無理なく過ごすためにバレットジャーナルを利用したいものです。